格安SIMカードでデータ通信料金節約

かつてのモバイル通信サービスはドコモ、auなどの携帯電話キャリアでしか提供できず、料金やサービスも自社で決めた画一的なものになりがちで、顧客にとっては選択肢に制限がありました。
現在はMVNOというSIMサービスを提供している事業者が自社を持たないで携帯電話キャリアの回線だけを借りてサービスを提供できるようになったので格安料金でデータ通信できるようになりました。
またサービスやデータプランも多様化し自分にぴったりのプランを選択できるようになりました。
そして月額の料金も数百円からという魅力的な料金もさることながらデータ通信速度も大手携帯キャリアの回線(ほとんどがドコモの回線だそうです)を借りているだけあり携帯キャリアと遜色ないのも魅力の一つです。

これだったら今使っているスマホも格安SIMに乗り換えたくなってしまいます。
しかしこれには少し落とし穴があって今持っているスマホにSIMロックがかかっている場合他のSIMカードは使えません。
ならどうすればいいかというと各携帯キャリアでSIMロック解除をしてもらえば使えるようになりますが解除手数料に3000円かかります。
PCからの申し込みだと無料になるようですが格安SIMにするために3000円払ってもすぐに元は取れるような気はしますね。

格安SIM導入に満足しています

私は以前はスマホを一つのキャリアで使用していてどんなに割引を使っても月の支払いは1万くらいにはなってしまっていましたが、格安SIMの存在を知りました。
ですが自分の使っているスマホはキャリアシムロックが掛かっているのでこのままだと格安SIMが使えない事が分かりました。
何とかこのスマホに使えないかと調べていた所、シムロック解除用の部品が有る事を発見、千円くらいで取り寄せる事が出来たので無事にシムロックを解除する事が出来ました。

早速元々使っていたキャリアのお店に解約に行き、格安SIMの検討をはじめ、CMでもおなじみのOCNのモバイルONEを選びました。
ネットで申し込むと2、3日でカードが届き、すぐに使用出来ました。
私が使っているのはデータ通信専用のもので、通話等は元のキャリアの最低金額でガラケーを使っている、所謂、二台持ちです。
格安SIMの使い心地ですが、普通にFacebookを見たり書いたり、ネットを見る分なら問題は有りませんが、ゲーム等の重い物を使うとすぐに容量オーバーとなりますので注意が必要です。
総合的に携帯やスマホに掛かる値段もかなり安くなりましたので格安SIMの導入に満足しています。

いま話題の格安SIM、メリットとディメリット

最近よく耳にする「格安SIM」。
気になるけどよくわからない、という人が多いと思います。
なので、メリットとディメリットについてまとめてみました。スマホに入ってるSIMカード。

このカードがドコモ、au、ソフトバンクなど大手携帯会社のものではなく、大手から回線を借りている業者が格安で提供しているSIMカードということです。最近では2割の人が利用してるといわれています。
最大のメリットはもちろん月額料金がだいたい半分くらいだということ。もう一つは2年縛りがないことです。

格安SIM業者選びは、いま持っている端末によって変わるので注意が必要です。
もちろんいいことだけではなく、ディメリットもあります。
通勤時間帯や昼休みなど通信速度が遅くなって動画が見にくくなったりすることがあるので、動画などの大量の高速通信を使いたい人にはおすすめできません。
また、@docomoや@ezwebなど携帯会社の公式メールアドレスが使えなくなります。最近はYahooメールやGmailのフリーメールアドレスで十分という人も多いですが。

SIMのサービスが複雑すぎて迷う

最近、悩みの種は、格安でのデータ通信をうたった、SIMカードが色々な会社から発売していて、どの会社のサービスが良いのか、分かりにくい事でした。
私事では有りますが、再来月には、現在使っているスマートホンの更新月なので、そろそろ今のスマートホンを継続して使うのか、それともMNPを利用して新規で新しい端末を買い「乗換割り」で利用するのか、また、スマートホンを解約して格安SIMでの運用を行うのか、ほんとうに頭の痛い問題でした。

さて、私の場合現在光通信サービスを利用しています。
そして、その会社が、SIMカードとスマートホンを販売しているので、カスタマーセンターやチャットサービスにて、格安SIMについて色々な疑問点を解決することが出来ました。
ですから、MVNOや格安SIMについての知識が身につき、今後の利用を格安SIMでの運用に切り替える決心がつきました。
しかし、格安SIMについて知識が乏しい人にとっては、基本から勉強しないと、結果的に使えないサービスを誤って選択する事になり、余計に無駄な経費が必要になる危険性が有ります。
このSIM乱立状態では、運用の仕方が分からず、「安いものがいいものだ」的な誤った選択をする人が多くなると思います。
この辺で、政府や大手キャリアが協力して、消費者にMVNOや格安SIMについて説明する責任があると思います。