格安SIMに変えても不便してません。スマートフォンの買い替えのタイミングについて

私は学生の頃からソフトバンクのiPhoneを愛用していて新しいiPhoneが出るたびに機種変更はしてました。
新しい機種が発売されてそれを持っていると時代の流れにのっているような気分でした。
機種代をまだ払っている途中なのに機種変をするの機種代金が上乗せ。
割賦金含めて毎月使用料が一万円超えで携帯代はなかなか高額な方だと思います。

通話し放題のプランに入っていなかったので毎月かなりの通話料金もかかっていて、一時は携帯代だけで二万円くらいの請求が来たこともあります。
そこで通話し放題のプランを契約し、通話料金は抑えられるものの、月々の使用料はあまり変わらず一万くらいで高いままでした。
結局SNSでの無料通話を利用したりしてもったいない事をしてるなぁと思いました。

今のiPhoneに機種変更して二年以上経過したのでこのまま継続してソフトバンクを利用するか使用してるiPhoneを格安SIMに変えてお得に利用するか悩みました。
最近は格安SIMが注目されていますよね。

SIMカードは小さなICチップが入ったカードで、これまでは日本の大手携帯電話キャリアがその会社のSIMしか使えないようにロックをプログラム上にかけていました。
これが今後違法となり、解除されることになるのです。
好きな携帯端末と好きな携帯キャリアを組み合わせて使えるようになったのです。
出典:MVNO格安SIMカード最安比較

WiFiをメインにデーター通信をする事が多いので不便する事はなさそうだと思い、ソフトバンクは解約してMVNOの格安SIMを申し込み月3GBで約1100円という激安の使用料です。
前とは携帯代がかなり安くなったので、無駄なお金を長年払っていたんだと昔の自分に呆れます。
高額になるものだと思っていた携帯代が節約できているので、生活も安定しています(笑)

今回は追加のプランは付けず、通話はSNSの無料通話で済ませて外ではニュースやSNSをサッと見る程度で家のWiFi環境下で動画を見たりしています。
通信速度もソフトバンクを利用してる時に比べると少し遅いなとは感じますが全然問題なく使用できてます。
高いお金を支払って携帯を持つ事はとても勿体無いと個人的に感じました。

スマートフォンの買い替えのタイミングについては、誰しもが悩むところだと思います。
日進月歩のステップアップでどんどん新しい端末が出てくるからです。
尚且つ2年縛りと言いながらも通信キャリアを乗り換えることで違約金まで支払ってくれると言う特典があり買い替えの切望間は募るものになってきます。
同じメーカーやブランドで常に買い替えを行っている場合や通信キャリアを考え方針で考えている場合には2年間単位で、買い替えを行う周期が良いのではないでしょうか。

しかし、私は昔よく機種変をいしていましたが実際のところ最近では端末価格も0円ではなく適正な価格で販売されているためなかなか2年に一度買い換えると言うのもハードルが高いと言わざるをえません。
だからこそ、常に通信キャリアのサービスや端末のスペックをチェックすることで自分が気に入ったタイミングで好きな端末を手に入れるような方針に決めておけば良いのではないでしょうか。
日進月歩のスペックアップといえどもここ1 、2年はエポックメイキングな機能も出てきていませんのでそれほど満足度が低くなる端末はないと想定されます。

格安SIMカードでデータ通信料金節約

かつてのモバイル通信サービスはドコモ、auなどの携帯電話キャリアでしか提供できず、料金やサービスも自社で決めた画一的なものになりがちで、顧客にとっては選択肢に制限がありました。
現在はMVNOというSIMサービスを提供している事業者が自社を持たないで携帯電話キャリアの回線だけを借りてサービスを提供できるようになったので格安料金でデータ通信できるようになりました。
またサービスやデータプランも多様化し自分にぴったりのプランを選択できるようになりました。
そして月額の料金も数百円からという魅力的な料金もさることながらデータ通信速度も大手携帯キャリアの回線(ほとんどがドコモの回線だそうです)を借りているだけあり携帯キャリアと遜色ないのも魅力の一つです。

これだったら今使っているスマホも格安SIMに乗り換えたくなってしまいます。
しかしこれには少し落とし穴があって今持っているスマホにSIMロックがかかっている場合他のSIMカードは使えません。
ならどうすればいいかというと各携帯キャリアでSIMロック解除をしてもらえば使えるようになりますが解除手数料に3000円かかります。
PCからの申し込みだと無料になるようですが格安SIMにするために3000円払ってもすぐに元は取れるような気はしますね。

格安SIM導入に満足しています

私は以前はスマホを一つのキャリアで使用していてどんなに割引を使っても月の支払いは1万くらいにはなってしまっていましたが、格安SIMの存在を知りました。
ですが自分の使っているスマホはキャリアシムロックが掛かっているのでこのままだと格安SIMが使えない事が分かりました。
何とかこのスマホに使えないかと調べていた所、シムロック解除用の部品が有る事を発見、千円くらいで取り寄せる事が出来たので無事にシムロックを解除する事が出来ました。

早速元々使っていたキャリアのお店に解約に行き、格安SIMの検討をはじめ、CMでもおなじみのOCNのモバイルONEを選びました。
ネットで申し込むと2、3日でカードが届き、すぐに使用出来ました。
私が使っているのはデータ通信専用のもので、通話等は元のキャリアの最低金額でガラケーを使っている、所謂、二台持ちです。
格安SIMの使い心地ですが、普通にFacebookを見たり書いたり、ネットを見る分なら問題は有りませんが、ゲーム等の重い物を使うとすぐに容量オーバーとなりますので注意が必要です。
総合的に携帯やスマホに掛かる値段もかなり安くなりましたので格安SIMの導入に満足しています。

いま話題の格安SIM、メリットとディメリット

最近よく耳にする「格安SIM」。
気になるけどよくわからない、という人が多いと思います。
なので、メリットとディメリットについてまとめてみました。スマホに入ってるSIMカード。

このカードがドコモ、au、ソフトバンクなど大手携帯会社のものではなく、大手から回線を借りている業者が格安で提供しているSIMカードということです。最近では2割の人が利用してるといわれています。
最大のメリットはもちろん月額料金がだいたい半分くらいだということ。もう一つは2年縛りがないことです。

格安SIM業者選びは、いま持っている端末によって変わるので注意が必要です。
もちろんいいことだけではなく、ディメリットもあります。
通勤時間帯や昼休みなど通信速度が遅くなって動画が見にくくなったりすることがあるので、動画などの大量の高速通信を使いたい人にはおすすめできません。
また、@docomoや@ezwebなど携帯会社の公式メールアドレスが使えなくなります。最近はYahooメールやGmailのフリーメールアドレスで十分という人も多いですが。

SIMのサービスが複雑すぎて迷う

最近、悩みの種は、格安でのデータ通信をうたった、SIMカードが色々な会社から発売していて、どの会社のサービスが良いのか、分かりにくい事でした。
私事では有りますが、再来月には、現在使っているスマートホンの更新月なので、そろそろ今のスマートホンを継続して使うのか、それともMNPを利用して新規で新しい端末を買い「乗換割り」で利用するのか、また、スマートホンを解約して格安SIMでの運用を行うのか、ほんとうに頭の痛い問題でした。

さて、私の場合現在光通信サービスを利用しています。
そして、その会社が、SIMカードとスマートホンを販売しているので、カスタマーセンターやチャットサービスにて、格安SIMについて色々な疑問点を解決することが出来ました。
ですから、MVNOや格安SIMについての知識が身につき、今後の利用を格安SIMでの運用に切り替える決心がつきました。
しかし、格安SIMについて知識が乏しい人にとっては、基本から勉強しないと、結果的に使えないサービスを誤って選択する事になり、余計に無駄な経費が必要になる危険性が有ります。
このSIM乱立状態では、運用の仕方が分からず、「安いものがいいものだ」的な誤った選択をする人が多くなると思います。
この辺で、政府や大手キャリアが協力して、消費者にMVNOや格安SIMについて説明する責任があると思います。